オンラインカジノを遊んで逮捕された日本人プレイヤー 不起訴になった

ベラジョンカジノ 逮捕

2016年 3月に海外にあるオンラインカジノへ日本からアクセスして、お金をかけて遊んでいたプレイヤーの3人が逮捕されました。

知る人ぞ知るドリームカジノ事件ですね。

これには多くのオンラインカジノプレイヤーが衝撃を受けたと思います。

日本人のオンラインカジノプレイヤーが逮捕された。

この件で3人のプレイヤーが逮捕されましたが、そのうち2人は略式起訴を受け入れ罰金刑を受け入れました。

しかし、残りの1人は逮捕は不当として裁判で争うことにしたそうです。

略式起訴を受け入れると罰金を支払うだけで済みます。

ですが、争った後に有罪の判決を受けるリスクも有りましたが、逮捕は不当だとの考えを貫き通すことを決めたそうです。

不安の中で戦うことを選んだようですね。

有罪、無罪の争点

今回の逮捕での争点としては、オンラインカジノプレイヤーに対して単純賭博罪が適用できるかどうかでした。

賭博罪で検挙の主な目的は、賭博の胴元を検挙することが目的となるそうで、利用者(プレイヤー)を安直に検挙すべきではないとしています。

検挙した3名に適用された単純賭博罪は、本来は胴元を検挙した上で付随的に成り立つ罪という事でした。

今回の場合は、海外のオンラインカジノへ日本からアクセスして賭けをした場合はどうなるのか?という話になります。

胴元である海外のオンラインカジノ運営者を検挙していないのに、日本からアクセスしてオンラインカジノを遊んだことで摘発されるのは不当だというのが、略式起訴を受け入れなかった残り1人の考えだったようです。

海外のオンラインカジノは合法的なライセンスを取得している

そもそも、海外のオンラインカジノ運営者はギャンブルが合法な国でライセンスを取得して合法的に運営されている為、法的には問題がありません。

それに、海外のオンラインカジノ運営者を逮捕することはできません。

日本の法律の適用外です。

ですので、摘発自体がおかしな話だったみたいですね。

結果として残り1人の主張が通り、摘発が不当であると認められ不起訴になりました。

これが、海外にあるオンラインカジノを遊んだとして摘発された日本国内唯一の判例となります。

日本ではオンラインカジノが合法か?違法か?

この判例は、現在オンラインカジノで遊んでいるプレイヤーにとって安心できる判例ではないでしょうか。

今後はどうなるか分かりませんが、将来的には法整備が進みオンラインカジノについて何らかの法律も作られるかも知れません。

その時にオンラインカジノが合法になるのか違法になるのかは、現時点では分かりませんが、今のところ海外にあるオンラインカジノを日本からアクセスしてプレイしたからと言って逮捕されることはなさそうです。

まとめ

今のところ、オンラインカジノを日本からアクセスして遊んでも違法ではないとの認識で問題はなさそうです。

唯一の判例も不起訴となっているので、安心して遊ぶことができますよ。

ベラジョンカジノは、国際的に信頼のあるキュラソー政府が発行したゲーミングライセンスを取得して合法的に運営されているオンラインカジノです。

安心して遊ぶことができます!

入金ボーナスも最大$500!クレジットカード入金でスグに遊べるのは『ベラジョンカジノ』!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました