ベラジョンカジノで遊ぶと逮捕される可能性はあるの?過去の事例から徹底検証してみた

ベラジョンカジノ 逮捕

ベラジョンカジノは日本で圧倒的な人気を誇るオンラインカジノで、多くの日本人プレイヤーが利用しています。

しかし、「ベラジョンカジノで遊んでも大丈夫なの?」、「逮捕される可能性は無いの?」などといった声が聞こえてくるのも事実です。

過去にはオンラインカジノを巡り、国内で逮捕者が出た事例もあり不安にお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、ベラジョンカジノを遊ぶことにより逮捕される可能性について過去の事例などを交えて詳しく解説していきます。

≪無料で登録ボーナスをゲット!≫今すぐベラジョンカジノへ登録して遊ぶ!

ベラジョンカジノを遊んでも逮捕の可能性は低い?

結論から申し上げますと、日本でベラジョンカジノを遊んだとしても逮捕の可能性は低いと断言できます。

その理由を以下にまとめましたので、詳しく解説していきます。

ベラジョンカジノは海外の会社が合法的に運営されているオンラインカジノ

ベラジョンカジノを運営しているのはBreckenridge Curacao B.V. という会社で、オランダ領キュラソー島に本拠を置いて合法的に運営されています。

日本国内で運営されているのではなく、ギャンブルが合法な海外で運営されているためベラジョンに違法性は無いと言えます。

さらに、キュラソー政府公認の運営ライセンスを取得しているので、国のお墨付きをいただいて運営しているので信頼性においても問題ないオンラインカジノです。

このように違法性がない会社のオンラインサービスとして遊ぶので、たとえ遊んだとしても逮捕される可能性は限りなく低いと考えることができます。

≪無料で登録ボーナスをゲット!≫今すぐベラジョンカジノへ登録して遊ぶ!

そもそもオンラインカジノに適用する法律が日本に無い

現在の日本の法律では原則として公営ギャンブル以外をプレイすると罪に問われます。

ベラジョンカジノが信頼性の高いライセンスを取得して海外で合法的に運営されているとしても、日本で遊ぶことは違法になるのでは?と思うかもしれません。

しかし、日本でオンラインカジノをプレイしたとしても罪に問われることはありません。

その大きな理由としては、日本にオンラインカジノに適用させることのできる法律が無いからです。

先述しましたが、ベラジョンは海外で運営されている会社です。当然、海外の法律が適用され合法的に運営されています。

そのため日本の法律は適用外となり、オンラインカジノについて日本は合法でも違法でもないグレーゾーンの扱をしています

これは、インターネットを利用して楽しむことのできる新しいスタイルのギャンブルとして誕生したオンラインカジノに日本の法律が追い付いていないがため、野放し状態になってしまっています。

今後の法整備では、どのような結果になるか予測できませんが現状としてはベラジョンカジノを遊ぶことが違法とはなりません。

ですが、グレーゾーンだという認識を持ち遊ぶのが良いでしょう。

海外で運営されているオンラインカジノは賭博罪を成立させるのが難しい

日本には賭博に関する刑法に「賭博及び富くじに関する罪」があります。

これは競馬やスポーツ振興くじなどは合法的な公営ギャンブルとなりますが、カジノや賭け麻雀などを行うと賭博罪となります。

そもそも、ベラジョンは海外で合法的に運営されているので日本の法律を適用させることが難しく、賭博罪として有罪になるということはありません。

≪無料で登録ボーナスをゲット!≫今すぐベラジョンカジノへ登録して遊ぶ!

ベラジョンカジノを遊んで逮捕されるとしたら?

上記の理由からベラジョンカジノを遊んだとしても逮捕される可能性は低いと考えられますが、他のオンラインカジノで逮捕者が出ているのも事実です。

ここからは、実際にあった過去の事例をもとに、オンラインカジノを遊ぶことで逮捕される可能性について解説していきます。

オンラインカジノで実際に逮捕者が出た過去の事例

実際に逮捕者が出た事件として有名なのは2006年に起きたスマートライブカジノ事件です。

この件では実際にオンラインカジノをプレイしていた3人の日本人が賭博容疑で京都府警に逮捕されました。

逮捕された3人の日本人は、それぞれ異なる地域からスマートライブカジノをプレイしており、この逮捕により日本のオンラインカジノ業界に激震が走りました。

海外で合法的に運営されているオンラインカジノで遊んでいたのですが、逮捕に至った理由や、その他大勢のプレイヤーがいたのにも変わらず、なぜ3人だったのかなどといった様々な憶測が飛び交いましたが、海外オンラインカジノであっても賭博行為なので逮捕はあり得という前例を作りたかったのでは?との説が有力とされています。

また、賭博罪の成立には胴元となる運営者と利用者であるプレイヤーの2者が有罪となる必要がありますが、この事件で逮捕されたのはプレイヤーだけでした。

この点を考えてみてもプレイヤーだけの逮捕は無理があります。

このことからも、有罪にするための証拠を警察が全て集めたとは考えにくく、ある程度の個人を特定できた段階で無理やり逮捕に踏み切ったと考えることができます。

スマートライブカジノの逮捕事例でわかったこと

スマートライブカジノ事件の逮捕劇で分かったことは完全に証拠が揃わなくても逮捕に至る可能性があり、海外で運営されているオンラインカジノであっても賭博罪に問われることがあるということでした。

逮捕された3人のうちの2人は罪を認め、略式起訴を受け入れ有罪となりましたが、残りの1人は今回の逮捕は不服とし裁判で争う姿勢をとりましたが、最終的には起訴が取り下げられ無罪となっています。

この判決により、海外で運営されているオンラインカジノは合法との認識が一気に広まったきっかけ作ったのもスマートライブカジノ事件でした。

≪無料で登録ボーナスをゲット!≫今すぐベラジョンカジノへ登録して遊ぶ!

日本でオンラインカジノはグレーゾーン

先述のように日本ではオンラインカジノについて合法でも違法でもないグレーゾーンという扱いです。

遊んでも罪に問われることはありませんが、違法とみなされる可能性も含まれていることを忘れずにプレイすることが大切です。

日本の法律とオンラインカジノの関係

現在の日本にはオンラインカジノに適用させることのできる法律が存在しません。

ですので、オンラインカジノが合法なのか、違法なのかについて答えを出すことができないのが現状です。

オンラインカジノがグレーゾーンで扱われているのには、こういった事情があります。

日本人向けに特化したオンラインカジノ避ける

数あるオンラインカジノの中で、なぜスマートライブカジノを利用していた3人の日本人プレイヤーが逮捕されたかというと、逮捕されたプレイヤーが利用していたのは日本人向けに特化したゲームだったからと考えられています。

そのゲームは女性の日本人ディーラーがゲームを進行しており、日本語でチャット可能といった充実したサービスが行われていたそうで、かなり盛況だったそうです。

サービスが開始される時間も日本時間の夕方から深夜までと、日本人が参加しやすい時間帯で、連日、多くの日本人プレイヤーが参加してチャットを楽しんでいたことから、日本で運営されているのではと疑われていたのも事実だったようです。

多くの日本人が問題となったゲームに参加したことが警察に目をつけられるきっかけとなったという説が強いため、日本人向けに特化したオンラインカジノは避けた方が無難と言えます。

合法的に運営されていないオンラインカジノは避ける

数あるオンラインカジノは全てが合法的に運営されている訳ではなく、中にはライセンスを取得していない状態で違法に運営しているところがあるのも事実です。

合法的にオンラインカジノを運営するためにはギャンブル合法国が発行しているライセンス取得が必須となります。

日本で遊ぶことがグレーゾーンとして扱われているのは、オンラインカジノを運営している会社がライセンスを取得して合法的に運営されている場合のみです。

それ以外は違法となるので注意しましょう。

闇カジノは絶対ダメ

インターネットを利用してカジノゲームを楽しむのがオンラインカジノですが、もう一つ闇カジノと呼ばれる形態があります。

闇カジノはオンラインカジノをプレイする場を提供し、その場でお金の換金ができる店舗のことを言います。

これは違法カジノです。

このように国内でオンラインカジノを運営するのは違法ですので、絶対にプレイしないようにしましょう。

≪無料で登録ボーナスをゲット!≫今すぐベラジョンカジノへ登録して遊ぶ!

まとめ

ベラジョンカジノは海外で合法的に運営されているオンラインカジノなので、遊んでも罪に問われる可能性は非常に低いです。

また、国際的にも信頼性の高いライセンスを取得しているので、安心して遊べるオンラインカジノと言えます。

しかし、現在の日本ではオンラインカジノについて合法でも違法でもないグレーゾーンとして扱っているのが現状です。

このへんは、今後の法整備で変わってくると思われますが、今のところグレーゾーンであるとの認識を持ちながら遊ぶのが良いでしょう。

≪無料で登録ボーナスをゲット!≫今すぐベラジョンカジノへ登録して遊ぶ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました