ベラジョンカジノで稼いだお金には税金がかかる?納税しないと脱税になる可能性は?税金の計算方法など徹底解説

ベラジョンカジノ 税金

パチンコや競馬で稼いだ利益に対して納税したなんて話は、あまり聞いたことが無いのではないでしょうか。

ですが、ギャンブルで得た利益(稼いだお金)は年間利益が特別控除の50万円を超えた部分から課税対象となるので年末に確定申告をおこない、納税する必要があります。

これは一般的な知識として把握しておくのをおすすめします。

また、ベラジョンカジノなどのオンラインカジノは納税しないとバレる可能性が非常に高いと言われています。

それは何故なのか?ほかのギャンブルはバレないの?とお思いになる方もいることでしょう。

そもそも脱税は犯罪行為にあたりますので、収めるべきお金はきちんと収める義務があります。

このページでは、ベラジョンカジノで稼いだお金にかかる税金や、その計算計算方法などについて詳しく解説していきます。

ここでしっかりとギャンブルで得た利益にかかる税金を把握して、ベラジョンカジノを安心して楽んでいきましょう。

≪無料で登録ボーナスをゲット!≫今すぐベラジョンカジノへ登録して遊ぶ!

ベラジョンカジノで得た勝利金は一時所得となり納税義務がある

ベラジョンカジノに限らずギャンブルで得た勝利金は所得税法のうえで一時所得に分類され、年間の所得が特別控除の額を超えたら税金を納める義務が発生します。

この義務を怠ると脱税となり、れっきとした犯罪行為になりますので注意しましょう。

納税しないことが、うっかりだとしてもの納税しなければ法を犯すことになり、結果として犯罪行為を犯したことになります。

とはいえ、勝利した金額のすべてに対して納税しなければならないことではありません。

それでは、どこからが納税しなければならない金額になるのでしょうか?

次の項目では、この辺をさらに詳しく解説していきます。

≪無料で登録ボーナスをゲット!≫今すぐベラジョンカジノへ登録して遊ぶ!

一時所得の最大50万円の特別控除とは

一時所得には税制上の制度として最大50万円の特別控除が認められています。

例を挙げるとベラジョンで年間の勝利金(利益)が47万円だった場合は、特別控除の50万円を下回るので、確定申告をする必要がなく、納税しなくても大丈夫です。

このように、税制は知っておけば特に恐れることもなく安心してベラジョンを楽しむことがでるので、把握しておきましょう。

所得税は年間所得に対する税金

所得税とは「収入」から「控除」と「必要経費」を差し引いたものが「所得」となり、その額に対しての税金が所得税となり、この金額を収めることを納税と言います。

ですので、ベラジョンで稼いだ年間利益からベラジョンを行うため必要経費を差し引くことができます。

ここが「所得」の計算を間違えなえようにする大切なポイントとなります。

確定申告の際に、この計算を間違えると税務署からツッコミが入るので間違えないように注意しましょう。

例えば、ベラジョンカジノで年間利益として60万円を得たとしますが、必要経費として20万円を使ったとしましょう。

60万円からは特別控除として50万円を差し引き10万円となり、さらに必要経費として20万円を差し引くと「所得」はマイナス10万円と計算することができます。

例:60万円(利益)- 50万円(特別控除)- 20万円(必要経費)= マイナス10万円

このような場合は、特別控除の50万円を下回ることになるので納税の必要はありません。

≪無料で登録ボーナスをゲット!≫今すぐベラジョンカジノへ登録して遊ぶ!

必要経費とは?

それでは、オンラインカジノを行う場合の必要経費とは何か?と疑問に感じる方もいることでしょう。

次の項目では、納税額を計算する際に必要となる必要経費について解説していきます。

ベラジョンを行うための必要経費

ベラジョンカジノはインターネットを利用してオンライン上でカジノゲームを楽しむことができるオンラインサービスです。

この場合に発生する「必要経費」はネットへ接続する為に必要となる料金ということになります。

また、ネットのう通信料の他にプレイする為に購入したパソコンやスマートフォンなどの端末代、電気料金なども必要経費として計上できる可能性もあります。

確定申告の際に正確な納税額の計算ができるように、かかった費用を証明できるようなデータを保存しておくのが良いでしょう。

ベラジョンカジノでの負け分は、必要経費にならない

ここで、オンラインカジノで発生する経費について多くの方が疑問に感じていることを解説していきます。

先ほど必要経費について前述しましたが、残念ながら過去の負け分は経費として必要経費には計上できません。

これが、雑所得でしたら経費として計上できますが、「一時所得」はあくまでも一時的な所得に課せられるので過去の分は関係ありません。

ですので、イメージとしては大勝した瞬間に対しての課税と覚えておくのが良いと思います。

大勝した時のベット額(賭け金)を差し引いた金額が課税対象となります。

例えば、ベラジョンカジノで100万円を使い200万円の勝利をおさめたとしましょう。

この場合は差引で100万円の利益となり、そこから特別控除と必要経費を指しいた額に対して税金を納める必要があります。

100万円(利益)- 50万円(特別控除)- 必要経費 = 課税対象

さらに補足をいれますと、仮にベラジョンカジノで年間の負け分が300万円になったとします。

その後、何とか200万円の大勝利を収めた場合は、負け分も相殺したくなるところですが税制上では、その200万円から特別控除や必要経費を差し引いた額を納税しなければなりません。

勝った金額(一時所得)- 50万円(特別控除)- 必要経費 = 課税対象

ここをシッカリと把握しておき、正しい計算できちんと納税しましょう。

≪無料で登録ボーナスをゲット!≫今すぐベラジョンカジノへ登録して遊ぶ!

オンラインカジノでの脱税摘発の現状について

オンラインカジノに限らずギャンブルで特別控除を超える額を得た場合は納税の義務が発生することを理解できたと思います。

しかし、残念ながら実際のところ全ての方が納税義務をはたしていないのが現状です。

義務を果たしていない場合は脱税となり法を犯したことになりますが、全ての方が逮捕されているわけではありません。

逮捕されていない方の多くは、脱税にあたる金額が少ない場合は黙認されているケースが多いと考えられます。

ただ、逆を考えると大きい金額を儲けた人に対しては、当然税務当局は脱税行為に目を光らせていると言えます。

オンラインカジノで稼いだ利益は隠せない

ベラジョンカジノをプレイしている方の中には、儲けた金額について税務署で分かるはずがないと考える方がいるかもしれませんが、ベラジョンカジノをはじめオンラインカジノではお金のやり取りのシステム上で利益を隠すことができません。

それでは、どのようなときに税務署は利益を把握しているのでしょうか?

それは、お金のやり取りで個人の銀行口座を利用する時です。

ベラジョンカジノでは勝利金を出金するためにecoPayzやiWALLET、Venuspointなどの電子決済サービスを利用することになりますが、日本で勝利金を使いたい場合は、そこから更に本人名義の銀行口座へ送金する必要があります。

このような個人を特定できる銀行口座への着金で、税務署はお金の流れを把握できることになります。

逆に電子決済サービスの口座へお金を入れたままの状態では、税務署が利益を把握することはできないと言えますが、それでは日本でお金を使うことができません。

ですので、上記の理由から脱税を調査する気になれば税務署はいくらでも調査できることを覚えておきましょう。

≪無料で登録ボーナスをゲット!≫今すぐベラジョンカジノへ登録して遊ぶ!

脱税容疑を問われる原因!負け分は相殺できない

一般的にギャンブルで得た利益は「一時所得」となるので、利益から特別控除と必要経費を差し引いた額が課税対象となります。

勝った金額(一時所得)- 50万円(特別控除)- 必要経費 = 課税対象

これはどのオンラインカジノでも同じです。

この原則を理解していないと、年間を通して計算すると負けているから納税しなくても良いという考えとなり、うっかりすると脱税していることもあるので注意しましょう。

負け分は必要経費として計上できません。

もっと言ってしまうと、実際のところオンラインカジノはギャンブルの特性上、自身の銀行口座へ着金した金額に対して一時所得として課税対象となります。

ですので、実際に賭けた金額に対して利益が出ていなくても、気を付けないと脱税容疑をかけられてしまう可能性があるので注意しましょう。

≪無料で登録ボーナスをゲット!≫今すぐベラジョンカジノへ登録して遊ぶ!

ベラジョンカジノで脱税を疑われる行動について

オンラインカジノの利益に関する税金についてはだいぶ理解が進んだと思います。

それでは、ここからはベラジョンカジノで脱税容疑をかけられてしまう危険性がある行動とは何か?について解説していきます。

銀行に着金する金額が100万円を超える場合

税務署がオンラインカジノで得た利益が把握できるのは、日本国内の個人の銀行口座を把握しているからと書きました。

日本の金融機関の基本的なルールとして、1回の着金の額面が100万円を超える場合は税務当局に通知するようになっています。

このルールにより100万円以上の着金が確認できたのであれば、税務当局が把握することとなります。

仮に少額を何回も小分けにしたとしたら、いちいち税務所へ通知が行くことはありませんが、何度も海外から送金されている事実は残るので、それを調査されたら最終的に合計金額を把握することになります。

このような形で税務署はお金の流れを把握しているので、不審なお金の流れを発見したさいは税務所から連絡がきて、どういったお金なのかをやんわりと聞かれます。

税務当局は税金に関してのプロです。

適当な言い訳は通用しないので、本当のことを言いましょう。

その結果として納税義務がある場合はきちんと納税するべきであり、隠すようなことはしない方が無難と言えます。

更に言えば、日本の金融機関を利用するからには100万円を超える、超えないにかかわらず不審なお金の流れは税務当局に知らされていると考えておくべきです。

ベラジョンカジノは合法なライセンスを取得して海外で合法的に運営されているオンラインカジノです。そこで得た利益については無理に誤魔化そうとせずに、きちんと納税することをおすすめします。

まとめ

ここまでギャンブルで得た利益に対しての税金について詳しく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ベラジョンカジノで勝ったとしても必ずしも納税義務が発生するわけではありません。

ギャンブルで得た利益は一時所得に分類されるので、年間利益が特別控除の50万円を超えなければ納税する必要はありません。

年間利益が50万円を超えてくる場合は、きちんと計算を行い確定申告を行わなければなりませんが、注意が必要なのは、過去の負け分は必要経費に計上できないことを覚えておきましょう。

年間収支としてベット(賭け)額が勝利金を大きく上回っているとしても、一回でも大きな勝利
(特別控除の50万を超えた勝利)を収めた場合は納税する義務が発生します。

自分では気づかないうちに脱税行為を犯さない為にも、しっかりとギャンブルに対する税制を理解しておきましょう・

このページを読んだ方はギャンブルにかかる税金をきちんと把握して、正々堂々とベラジョンカジノを楽しむのをおすすめします。

≪無料で登録ボーナスをゲット!≫今すぐベラジョンカジノへ登録して遊ぶ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました