ベラジョンカジノの違法性について

ベラジョンカジノ 違法

ベラジョンカジノに限らず、オンラインカジノで遊ぼうと思っている方なら一度は考えたことがあると思うのがオンラインカジノで遊ぶことは違法な事なのか?だと思います。

この件に関してハッキリと言えることは、現在の日本の法律では裁くことが出来ないというのが現状のようです。

なんともスッキリとしない答えですが、日本においてオンラインカジノは黒でもなく白でもない限りなくグレーな感じとして扱われています。

ベラジョンカジノは違法なのか?

オンラインカジノを運営している会社はギャンブルが合法な国で厳しく審査されたのち、ライセンスを受けて運営しています。

そこへ、日本からアクセスして遊ぶことが違法なのか?が合法、違法の分かれ目になっているようです。

海外とは言えライセンスを発行している国は、国として正式にライセンスを発行しているので、それを日本の法律に当てはめて違法だとすることは出来ないですよね。

もし仮に、これが違法となれば日本人は海外にあるカジノでギャンブルをすること自体が違法となってしまいます。

少し乱暴な例えでしたが今の日本におけるオンラインカジノの状況は、簡単に説明するとこんな感じなんです。

また、ベラジョンカジノを運営している運営母体は、Intertain Group Ltdで、トロント証券取引所で上場している上場企業です。

上場企業が運営母体なので、ベラジョンカジノ自体の信頼性も十分にあると言えます。

オンラインカジノは賭博罪が適用されない

日本の賭博罪の適用条件として、賭けの胴元が国内にいることが条件となっています。

つまり胴元が海外にいるオンラインカジノには賭博罪が適用されません。

これが、胴元が同じ店内にいる店舗型のオンラインカジノになると話が違ってきますので注意です。

よくニュースとかで取り上げられているのが闇カジノと呼ばれる店舗型のオンラインカジノなんです。

店側が用意したパソコンを使い、オンラインカジノにお金を賭けさせて遊ばせるサービスになります。

これまでにも沢山の検挙例があり、店舗の経営者が胴元となり賭博場を運営しているケースになりますので、バッチリ賭博罪が適用されますね。

この辺は混同しないよう注意です。

ベラジョンカジノは国外に胴元がいますので、賭博罪の適用はありません

ですので、安心して遊ぶことができるオンラインカジノと言えます

ベラジョンカジノのライセンス

ベラジョンカジノの取得しているライセンスはイギリス領のキュラソー政府が発行しているライセンスになります。

以前はマルタ共和国のライセンスでしたが、2020年の1月に変更になっています。

取得しているライセンスの変更は珍しいことではないそうで、今回の変更はライセンスの規約が今のベラジョンカジノの現状に合わないと判断した為とも言われていますね。

実際に今回のライセンスの変更によりビットコインなどの暗号通貨での決済もできるようになりましたし、入金額の上限もアップしました。

この変更で、ベラジョンへ登録して遊んでいるプレイヤーにとっては遊びやすい環境になったと思います。

ベラジョンカジノは合法

日本ではグレーな感じで認識されているベラジョンカジノですが、国際的に見ればキュラソー政府が発行した国際的にも信頼性のあるライセンスを取得していて、運営母体も上場企業が行っています。

このことからも、ベラジョンカジノは合法的だと言えますね。

まとめ

まだ日本ではオンラインカジノが一般的なギャンブルとして認知されていない状況のようです。

オンラインカジノは合法、違法でもないグレーな感じで扱われているので今後の法律改正などを注意深くウォッチしていく必要があると考えています。

とは言え、インターネットが繋がってさえいれば好きな場所好きな時間にカジノゲームを楽しむことが出来るオンラインカジノは手軽にギャンブルを楽しむことができるとして人気が出て来ているのも事実なんです。

今後どうなるか分かりませんが、もしかしたら逆に遊べなくなっちゃうかもしれないので遊べるうちに楽しんじゃいましょう!

スマホでいつでも利用可能!空き時間に最適のオンラインカジノ!ベラジョンカジノはこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました