ベラジョンカジノはイカサマしているのか?徹底調査!

日本で圧倒的な人気を誇り、多くの日本人プレイヤーが遊んでいるベラジョンカジノですが、口コミのコメントなどをみてみると「イカサマをしているのではないか?」という書き込みを目にすることもあります。

こういったイカサマなどの不正疑惑は、オンラインカジノに限ったことではなくギャンブルとは切っても切り離せないテーマとして、昔から言われていることです。

そんなベラジョンカジノのイカサマについて、様々な媒体を参考に徹底調査してみたところ、ベラジョンカジノではイカサマ行為が行われていないという結論になりました。

この記事では、ベラジョンカジノでイカサマなどの不正行為が行われていない根拠についても詳しく解説していきます。

≪無料で登録ボーナス30$ゲット≫ ベラジョンカジノ 公式

ベラジョンカジノで囁かれているイカサマ疑惑について

ベラジョンカジノで囁かれているイカサマ疑惑にはどんなものがあるのでしょうか?また、どんな人が囁いているのかまとめてみました。

イカサマ疑惑を指摘しているプレイヤーの声

ベラジョンカジノを実際に利用しているプレイヤーの方からも、イカサマ疑惑を指摘している声があがっているのも事実です。

これは、ある一定の金額を勝った場合に起こるもので、まるでモードが切り替わりプレイヤーの勝利金を回収するといったもので、ゲームの確率を外部から操作し、プレイヤーの利益を回収しているのでは?といった疑惑です。

オンラインカジノに限らず、昔からギャンブルにはこういったイカサマ疑惑がつきまとい、なかなか勝てない状況が続くと「不正行為が行われているのでは?」と疑ってしまいがちです。

ですが、結論から申し上げますと、ベラジョンカジノではイカサマなどの不正行為は行われていないと断言できます。

行われていないと言うより、できないと言った方が正しいです。

また、ベラジョンカジノでイカサマが行われていたとして、発覚した際に受けるデメリットはかなり大きなものになるので、やる意味がないとも言うこともできます。

その根拠について、事項で詳しく説明していきます。

ベラジョンカジノではイカサマが行われていない根拠

イカサマなどの不正行為をベラジョンカジノがやらない理由について以下にまとめました。

  1. ライセンスを取得している
  2. イカサマを行うことによるメリットが無い
  3. 公開しているゲームはソフトウェア会社が製作している
  4. 信用を失う

一つずつ詳しく見ていきましょう。

根拠その①:ライセンスを取得している。

ベラジョンカジノでは、多くのオンラインカジノでも取得されている運営ライセンスの一つでもあるキュラソーライセンスを取得しています。

このキュラソーライセンスは国際的な信頼性も高く、メジャーなライセンスとなっており、取得しているオンラインカジノは多くなっています。

ライセンスの取得には発行国により、運営、信頼性、透明性などの細かな項目を厳しく審査され、イカサマなどの不正行為や違法行為が行われていないかをしっかりと審査されます。

また、取得後も定期的に更新審査を受けなければライセンスを維持することができません。

仮にベラジョンカジノでイカサマなどの不正行為が行われている場合は、ライセンスを取得することが不可能ですし、更新審査もあるので取得後に不正を行うことも不可能です。

このことからも、ライセンスを取得しているオンラインカジノではイカサマなどの不正行為が行われていないと断言できます。

根拠その②:イカサマを行うことによるメリットが無い。

仮にベラジョンカジノでイカサマが行われていると仮定した場合、どのようなことになるのか想像してみましょう。

多くの日本人プレイヤーが遊んでいるベラジョンカジノでは、SNSなどによるコミュニティーも多数あり、プレイヤーによっては勝敗の結果を載せている方もいます。

そのような場で、「ベラジョンカジノは勝てない」、「イカサマが行われているのでは?」などの噂が立ってしまうと利用者が減ってしまい、プレイヤーの賭けたお金の一部が収益となるオンラインカジノにとっては死活問題となってしまいます。

そのためユーザーに悪感情を与えるようなイカサマを行うのは、自分で自分の首を絞める行為とも言えます。

このようなことからも、イカサマは行われていないと言えます。

根拠その③:公開しているゲームはソフトウェア会社が製作している

ベラジョンカジノで公開されているカジノゲームは、提携しているソフトウエア会社が製作しています。そのため、ベラジョンカジノ側が確率操作などの不正操作ができないようになっています。

また、ゲームを提供するソフトウエア会社は、第三者機関から監査を受けているため提供するゲームについても厳しくチェックされたのちリリースされているので不正行為が行えないような仕組みになっています。

なお、オンラインカジノでは公開されているゲームの確率決定にRNG(ランダムナンバージェネレーター)と呼ばれる乱数発生プログラムを採用しており、外部の操作を一切受け付けないシステムで運用されています。

このような仕組みでゲームが運用されているので、イカサマなどの不正行為ができないと言えます。

根拠その④:信用を失う

オンラインカジノがイカサマなどの不正行為を行った場合に受けるダメージとし一番大きいのが、この信用を失うです。

不正行為が発覚した場合、何より遊んでいる全てのプレイヤーの信頼を裏切ることになるので、遊んでいるプレイヤーは一斉に離れていってしまいます。

また、その後もイカサマをしたオンラインカジノとのイメージが付いてしまい、新規プレイヤー獲得も困難になってしまいます。

そのような状況になるのは、ベラジョンカジノも望んではいないと考えることができるので、不正行為は行われていないと言えます。

ギャンブルとイカサマ疑惑は密接な関係にある

ここまでは、ベアジョンカジノがイカサマなどの不正行為が行われていないことの仮説を解説してきましたが、オンラインカジノに限らずギャンブルでは昔から様々なイカサマ疑惑が囁かれています。

これは、競馬、競輪、競艇などの公営ギャンブルでもイカサマ疑惑が囁かれていることは少なくありませんし、実際にイカサマや八百長が発覚して社会問題になった事例もあります。

しかし、オンラインカジノではイカサマ疑惑において確固たる証拠がほとんどなく疑惑の域を超えることは無いに等しいというのもまた現実です。

過去にイカサマが発覚したオンラインカジノがある

しかし、過去は実際にイカサマが発覚したオンラインカジノがあり、れらのオンラインカジノには共通の特徴がありました。

  • ライセンスを取得していない、
  • 第三者機関の監査を受けていないソフトウエアを使用している
  • 運営者が日本国内にいる
  • 運営情報(会社概要)を明確にしていない
  • 支払いが遅い(時間がかかる)、行われない
  • ボーナスの情報に虚偽がある
  • 問い合わせの返信が遅い、または一切返事が来ない

この特徴はあくまでも一例となっていますが、この中で特に運営者が日本国内にあるオンラインカジノは注意する必要があります。

そのようなカジノは利用すると逮捕される可能性が高いので絶対に利用しないようにしましょう。

また、日本ではオンラインカジノの運営が許可されていないので、もし日本で運営していることを強みとして宣伝しているようなところは遊ばないようにしましょう。

逆に運営情報を公開していないサイトは、同様に運営が日本国内で行われている可能性が十分にあるので注意する必要があると言えます。

まとめ

ここまでベラジョンカジノで囁かれているイカサマなどの不正行為ついて詳しく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

調査の結果、ベラジョンカジノではイカサマなどの不正行為をしている証拠は無く、正規のライセンスを取得して運営されていることからも信頼性も高く安全性にも配慮されているオンラインカジノと言うことが理解できたことと思います。

なかなか勝つことができない状態では、ベラジョン側のイカサマを疑ってしまいますが、ゲームの確率決定にはRNG(ランダムナンバージェネレーター)を使い、不正行為ができないような仕組みで運営されているので、その可能性は限りなくゼロに違いと断言することができます。

また、ベラジョンカジノがイカサマをした場合のメリットは無く、逆にデメリットとして受けるダメージが大きいので、不正行為は行わないと言えます。

この記事を読んだ方の中でまだ登録して遊んでいないという方は、この機会にベラジョンカジノへ登録して遊んでみてはいかがでしょうか!

≪無料で登録ボーナス30$ゲット≫ ベラジョンカジノ 公式

コメント

タイトルとURLをコピーしました